JICA交流プログラム 第2回

 9月14日(月)にJICA筑波研修員の学校訪問プログラムを活用した授業を行い,国際理解教育を行いました。プログラムに参加したした11名の研修員の皆さんは,稲作技術の習得のために長期滞在している方々で,帰国すると稲作の普及活動に取り組まれる方々です。アフリカの国々,アフガニスタン,東南アジアの出身です。
 本校生徒は,3年生文Ⅰ選択英語,3年4組,3年5組の,のべ90名の生徒が参加しました。
 まずは,選択英語履修者が,音楽や保育の授業を案内し,日本の高校生の授業を紹介しました。続いて,3年4組で各研修員が4~5名の各グループに入り,自己紹介や自国についての紹介などを行いました。次に,本校生徒から質問をするような形式でグループ活動を行いました。
 6時間目は,3年6組の生徒が学校紹介動画を使って各研修員の皆さんに学校紹介を英語で行ったあと,前時と同じように各グループに分かれて活動を行いました。
 このような多様な文化を持った人々との交流体験を行うことで,生徒の主体的に取り組む姿勢や協働での学びを育むことができました。研修員のみなさん,ありがとうございました。
 
  
 【Youtube 限定公開】 3年4組  3年6組
 

令和2年度 相互授業参観

相互授業参観
 9月7日からの教育実習とともに各教科で相互授業参観を開始しました。
今年度は新型コロナウイルスの影響で異校種間の相互授業参観を見合わせています。
今回は教科内での公開と,若手教員6名が全職員向けに公開します。
また,今後,普段の授業の様子(数分間)を数クラス分,動画で配信する予定です。
 
 家庭科の「ホームプロジェクト」の発表 生徒の作成した資料① 生徒の作成した資料②
 遮蔽版を立てて,感染防止に取り組んでいます。  
 コミュニケーションⅡリスニングテスト中 コミュニケーション英語Ⅱ 解説 教育実習生(国語科)の授業
   
 数学Ⅰ 問題演習  

 

令和2年度教育実習

9月7日から今年度の教育実習が始まりました。
本校卒業生と筑波大学などの学生を含む6名が2~4週間の教育実習を行います。
新型コロナウイルスの影響もあり活動に制限もありますが,しっかりサポートしていきたいと思います。
実習生の皆さん,頑張ってください!
 

オンライン学習方法研修会

8月5日13:30より第3回のオンライン学習方法研修会が行われ,のべ10人の先生方が熱心に取り組みました。「 Google カレンダー」を利用した G Suite for Education の更なる便利な使い方を研修し,これにより,授業における課題提出の締切設定のような単純なものだけでなく,校務にも生かせるような便利な使い方が分かり,授業力の向上だけでなく,校内のペーパーレス化のてがかりを得られました。
チャット機能で,参加された方々からClassroomの使用法など様々な質問があり,とても参考となりました。



7月29日(水)13:30より,第2回の「県立高校等の学びの変革へ向けたオンライン学習方法研修会」が実施されました。本校では,希望者に集まってもらい,PC教室で研修会に参加しました。今回は,初級編として,Web会議システムであるGoogle Meetを使い,「Google Meet」の使い方を研修しました。次回は8月5日(水)に中級編として「G Suite for Education」の更なる便利な使い方がテーマとなります。
 
 

1・2年生 夏季課外

2週間の夏季休業期間に,1・2年生が課外を実施します。
1年生は,午前中4日間,2年生は終日2日間の日程です。
2年生は,今後進路決定において必要となる小論文についての知識を身につけ,また英語において弱点分野の克服を目指すために,外部講師を招き,英語と小論文の集中講義を行いました。
 
2年生 
   ←
1年生

 

職員研修

7月8日(水)の定期考査Ⅰの午後に職員研修を行いました。
 今回の研修は,本校のスクールカウンセラーである菊盛洋子先生を講師として迎え,「自殺を防ぐためのゲートキーパー研修」を行いました。
 前半は,ゲートキーパーの役割とは,昨今の青少年の自殺の現況,後半は自殺リスクの評価面接の方法,最後に二人一組でロールプレイを行いました。
 大変有意義な研修となりました。職員全員がゲートキーパーとしての役割を果たせるように日頃から注意していきたいと思います。菊盛先生,ありがとうございました。

*ゲートキーパー(命の門番)とは?
 自殺の危険を示すサインに気づき,適切な対応(悩んでいる人に気づき,声をかけ,話を聞いて,必要な支援につなげ,見守る)ができる人のこと


 

JICA国際交流プログラム

 JICA国際交流プログラムを利用した,外部講師による英語の授業を行いました。
 外国人講師の方たちとコミュニケーションを積極的にとりながら,日頃の学習で取り組んだ内容を基に発表をしたり,講師の方の発表に耳を傾け,自分の文化とは違う文化に触れる貴重な機会を得ることができました。本校生徒にこのような機会を与えて下さいました講師の皆さん,JICAのスタッフの皆さん,ありがとうございました。
(1)令和2年2月に第2学年のコミュニケーション英語Ⅱの授業で実施しました。

(2)令和2年7月6日に3年生選択科目において実施しました。
 
 

令和2年度 第1回学校評議員会

7月1日(水)の16:00より,本校会議室で令和2年度第1回学校評議員会を開催いたしました。
今年度のメンバーは,土浦第五中学校 冨島校長先生,霞ヶ浦中学校 塚谷校長先生,下稲吉中学校 伊東校長先生,地域の地区長の久保田さん,元PTA会長の大橋さんとなります。1年間よろしくお願いいたします。

 
 

第38回 入学式

 令和2年4月7日に240名の新入生が参加して,第38回入学式を挙行いたしました。新型コロナウィルス感染症の対応のため実施が危ぶまれましたが,縮小して行うことができました。8日から休校となりしばらくは登校はできませんが,今日集まった38回生との貴重な「人とのつながり」を大切にして,一度きりの高校生活を有意義なものとしていきましょう。応援しています。
学校長式辞 PTA会長祝辞


 

令和元年度末 退職者

 令和2年3月31日をもって,3名の方が定年退職を迎え本校を去ることになりました。大変お世話になり,ありがとうございました。
 新型コロナウィルスウィルス感染症防止のため休校となり,離任式を実施することができずにとても残念でありますが,新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。
    (左から)長島教諭 北澤教諭 石塚教諭

 

家庭クラブ活動報告(常陽銀行訪問)

常陽銀行との交流会
 2月26日(水)15時から,2年生12名が常陽銀行神立支店を訪問しました。
 家庭科の授業の中で作成した特殊詐欺防止啓発活動のポスターやのぼりを飾って頂いたことがご縁となり訪問が実現しました。銀行の役割や景気の話を伺い,社会人としての考え方についてもお話を聞かせていただきました。特に札勘というお札を数える体験はとても楽しく夢中になっていました。銀行内の見学では金庫やお金を数える機械など普段は近づくことのできない場所まで見せて頂き貴重な体験をさせて頂きました。最後の写真撮影では,行員さんの仲の良さを感じ,銀行員の大変そうなイメージが変わったとの感想も見られました。
  
  



 

第35回 卒業式

3月1日(日) 第35回卒業証書授与式を行いました。
 新型コロナウイルス感染症の対応のため,在校生の出席は叶いませんでしたが,保護者の皆様とご来賓の皆様の出席で素晴らしい卒業式となりました。
 卒業生の皆さん,これからが本当のスタートです。頑張ってください。
 
 

教員研修

1月29日に本校職員による研修会を行いました。
 この研修は,教育委員会主催の「ベテラン教員研修」に参加している2名の本校職員の主催で行いました。
 任意の4~6名のグループに分かれ,事前アンケートであげられた現在の学校の諸課題とその要因,その解決策について話し合いました。
「授業の充実にはどうしたらよいか」「生徒の活動をより活発にするには」「生徒の規範意識を醸成するには」など,有意義な研修となりました。
  
  

 

終講式,表彰式,壮行会

12月20日(金)に表彰式,壮行会,終講式を行いました。
 表彰式では,第74回国民体育大会 少年男子の一員として優勝を果たした3年生や,国体デモンストレーション競技で第1~3位入賞した少林寺拳法部5名,バレーボール部,美術部,県高等学校ビブリオバトル大会2019第2位県議会議長賞など,体育・文化両面で本校の生徒が大いに活躍しました。
 壮行会では,関東高等学校少林寺拳法選抜大会の壮行会を行いました。
 終講式では,学校長より,1年の反省をし次のステップへプラス思考で臨むようにとのお話と,「向上無限」の精神で物事に取り組んでもらいたいという講話がありました。その後,進路指導部長,生徒指導部長から冬休みの注意等がありました。

  
  

 

家庭クラブ活動報告

(1)12月3日(火)と12日(木)に朝の挨拶運動と共に特殊詐欺防止啓発活動を行いました。のぼり旗を掲げながらキーホルダーやポケットティッシュを配りました。家庭科の授業での取り組みを伝えながら呼びかけ,「頑張ってください」などのお声も頂きました。初めてだったので,本当に受け取ってもらえるか不安でしたが,皆さん笑顔で受け取ってくれて嬉しかったです。地域の方に詐欺防止を呼びかけることができて,とても良かったです。これからも定期的に実施することで,詐欺防止の手助けになればと思いました。
 

(2)福祉施設における特殊詐欺防止啓発活動に参加して
<感想>
 12月13日(金)に特別養護老人ホームこほくに伺い,デイサービスの皆さんに特殊詐欺防止に関する啓発活動を行いました。家庭科の授業でまとめた内容をクイズや模造紙を用いて発表しました。発表の途中で頷いてくださったり,声を掛けて下さったりと温かい雰囲気で迎えて下さいました。
 最後には,皆さんが作ったポプリをプレゼントして下さいました。昨年度からの繋がりのある施設ですが,お互いの交流を大切にしていきたいと思いました。

 
  

(3)12月16日(月)クリスマス料理講習会に参加して
<感想>
 12月16日の放課後にクリスマス料理講習会がありました。ケーキをスポンジから作ったのは初めての経験で,とても勉強になりました。そして,友達と一緒にできたことが,とても楽しかったです。普段1・3年生とコミュニケ-ションをとることがないので良い思い出になりました。
 いちごサンタをたくさん飾ってかわいいケーキになりました。チキンもケーキも美味しかったです。
 
  

 

白鳥保育園訪問

 12月9日の午前中に,3年生の選択科目「音楽Ⅲ」と「保育」の受講者で,地域連携の一つとして行っている,恒例の白鳥保育園訪問を行いました。
 はじめに,音楽選択者によるミニコンサート(お話と歌「ビビディ バビディ ブー」「小さな世界」),続いて保育選択者による絵本の読み聞かせを行いました。
 生徒たちにとって,とても素晴らしい経験となりました。園のみなさん,ありがとうございました。

<感想>
 白鳥保育園に訪問発表会に行ってきました。
 園児たちは想像したよりも小さく,人前での発表に緊張すると思っていたのですが,余りのかわいさに微笑みがこぼれてしまいました。発表では,シンデレラのお話し劇を行いました。園児たちはみんな食いつくように見てくれて,歌を歌ったときも楽しそうに聞いてくれたので,私たちも楽しみながら発表することができました。
 発表会が終わった後は,2歳から6歳の園児たちとお庭で遊びました。園児たちの活発さには大変驚かせられました。園児たちがジャングルジムで遊んでいるとき,一人の子の頭が突起にぶつかりそうになっているのを,保育園の先生がすかさず対応しているのを見かけました。先生たちのおかげで,子どもたちがのびのびと遊ぶことができることがよくわかりました。
 この訪問発表会を通して,2時間という短い時間でしたが,園児たちの様子や先生方の気遣いなど,たくさんのことを学ぶことができました。このような機会を与えてくれたことに感謝します。
      

 

時代を担う高校生に向けた教職セミナー

 11月に行われた「時代を担う高校生に向けた教職セミナー」に本校生徒3名が参加しました。
 これは,教育委員会主催で,時代を担う高校生に対して,教職に関する興味関心を高めることにより,地域を支える教育人材の育成を図ることを目的としています。
 小中高特支の若手教員らとの「教職の魅力,教員になるためには,高校時代にやるべきこと等」を題材にしたパネルディスカッション,「本音で語る教職の魅力」というテーマの座談会形式のグループトークを行いました。
 本校の生徒たちにとって,とても有意義であったようです。

<参加者感想>
2年女子
 私は教員という職業に興味があったため今回初めて「時代を担う高校生に向けた教職セミナー」に参加しました。最初は知らない人ばかりで不安でしたが,熱心な先生方や参加生徒が多く,充実した時間を過ごすことができました。
 パネルディスカッションやグループトークでは丁寧に質問に答えてくださり,詳しい説明を聞くことができて大変有意義でした。
今回のセミナーに参加したことで,以前よりも教職に就きたいと気持ちが強くなりました。現在の勉強と部活動を両立して,自分の夢の実現に努力したいと思います。

2年女子
 私は教員という仕事に興味があり、今回のセミナーに参加しました。セミナーでは、教員を目指すきっかけとなったことや仕事のやりがい、進む大学や今現在私たち高校生がやるべき事など、実際の教員の方だから聞ける話がたくさんあり、漠然としていしていた教育の仕事がイメージできました。
 私の学校生活を振り返ると、たくさんの先生に出会い、楽しい思い出ばかりですが、いつまでも心に残っているのは、悩んだ時、先生が生徒の気持ちを知ろうとしてくれて、助けていただいたことです。そんな先生に私もなりたいと思っています。
 セミナーでは、小学校教員の方が「自分も生徒と一緒に成長できる仕事」とおっしゃっていました。人を育てる大変な仕事ですが、やりがいがあり自分も成長できるところに魅力を感じました。自分の将来を考える良い機会となり、参加して良かったと思います。

 

令和元年度 芸術鑑賞会

 本校では,秋に芸術鑑賞会を行っています。演目は,古典芸能,観劇,音楽鑑賞の3つのジャンルを順番で行っています。
 今年は観劇の順番で,劇団 芸優座の皆さんによる,ウィリアム・シェイクスピア作の「ベニスの商人」を鑑賞しました。劇団の皆さん,ありがとうございました。

<生徒の感想>
 私は以前まで,演劇に興味がありませんでした。演劇によって,人々に何を伝えようとしているのか,何を与えようとしているのか,私にはまるで分かりませんでした。しかし,今回の公演で私の考えは一変しました。演劇とは,ただ役を演じるだけでなく,役に感情を込めて演じることで観客に愛や友情の素晴らしさを伝えるものだと感じました。普段味わえない感情を味わえたこの経験を大切にし,今後に生かしたいと考えています。
  

 
 

令和元年度 教育実習(後期)

 今年度の後期の教育実習に,31期生の高木君(9月),海老原さん(10月),塚本君(10月)の3名が取り組みました。研究授業等に熱心に取り組み,立派に実習を行っていました。

 
 

家庭クラブ 「特殊詐欺防止啓発活動」

 本校の家庭クラブが行っている「特殊詐欺防止啓発活動」の一環として行った活動において,土浦警察署から表彰されました。また,地元企業の「日立建機」さんの「日立建機フェスティバル」に神立商工会のみなさんと参加してきました。

ニセ電話詐欺防犯標語の表彰式に参加して 11月11日(月)
 家庭科の宿題で考えた標語が企業の協力のもと看板になり,警察署長さんから表彰を受けました。とても緊張しましたが,とても良い機会になりました。警察署長さんのお話の中で4億3千万もの被害が出ていることを知り驚きました。オレオレ詐欺について,初めはそんなに簡単に騙される人がいるのかと思いました。しかし,実際は多くの方が被害に遭われているので,これをきっかけにこれからも詐欺について調べていきたいです

日立建機フェスティバルに参加して  11月10日(日)
 今日は日立建機フェスティバルで特殊詐欺防止のためにティッシュ配りやビラ配りをしました。開場前から多くの方が並んで待っている様子をみて,地域と密着したフェスティバルなのだと感じました。最初はポケットティッシュやPOPを受け取ってくれるか心配でした。しかし,皆さんとても良い人でみんなが受け取ってくれたので良かったです。会場の中を,のぼりを持って歩く中でキャラクターに出会い,ミニのぼりを持ってもらいながら一緒に記念写真を撮るなど,とても楽しい時間が過ごせました。午前中だけで5,000名の方が来場されたと聞きました。今後も,このように地域の方と触れ合う機会があったら参加していきたいです。
   
  
  


 

コミュニケーション英語Ⅰ 探究学習

 本校第1学年の「コミュニケーション英語Ⅰ」の授業において,探究学習の一環として7月から9月までの3ヶ月間, 「馴染みの薄い世界の料理」を1つ取り上げてグループによるプレゼンテーション活動を実施しました。
 1グループ, 3~4人で構成し, 取り上げた料理の紹介や, その国に関する食文化の紹介, 調理方法, そしてその料理にまつわるエピソード等を役割分担しながら実施することが出来た。完璧なことは求めず, 仲間と協力しながら, 紹介するその料理の画像や動画を編集したり, 発表原稿を英語にしたりと楽しみながら取り組むよう声かけやアドバイスができた。
 夏期休業中の間にも必要に応じてコンピュータ室を活用するなど, 生徒たちはそれぞれのグループ発表に向け準備にいそしんでいました。7月中に, 発表テーマを決めそれについての探求学習を行い, 8月に原稿やその他の資料を準備し, 9月にグループ発表を行うことができた。「難しかったがやりがいがあった。」「仲間と協力しながら発表できて達成感でいっぱい」「コンピュータを用いて英作文したのは初めてで新鮮でした」といった生徒の反応が見られました。 第1学年担当 中山

  
  



 

地域連携避難訓練

令和元年11月5日(火)7時間目に,地域と連携した避難訓練を実施しました。
本校は「一時避難所」に指定されているので,学校の属する地区の皆さんに避難場所等の説明を行うことと併せて,避難訓練にも参加していただいています。住民の方には消火器による消火体験に参加していただきました。
 
 

さわやかマナーアップキャンペーン

 茨城県では,11月を「いばらき教育月間」として,教育に対する関心と理解を深めるため様々な取組を行っており,その一環として各高校や最寄りの駅などで「さわやかマナーアップキャンペーン」を実施しています。
 本校では,11月1日(金)に神立駅において,さわやかマナーアップキャンペーンを行いました。家庭クラブが取り組む「特殊詐欺防止キャンペーン」の一環として,家庭クラブで自作したポスターを入れたポケットティッシュを配布する活動を行いました。

<さわやかマナーアップキャンペーンに参加して>
 今回初めてさわやかマナーアップキャンペーンに参加しました。地域の方と関わることで挨拶の大切さを改めて学ぶことができました。二年生が作った特殊詐欺防止の広告が入ったポケットティッシュを笑顔で挨拶をしながら配りました。笑顔で渡すことで、相手も笑顔で受け取ってくれたり、たくさんの優しい声をかけてくれました。そのおかげで、私自身さらにやる気が溢れてきました。途中から東風高校の生徒も合流し、駅に元気な挨拶が響きわたりました。今までとは違う駅の雰囲気を味わうことができて楽しかったです。これからも、たくさんの人に感謝の気持ちを持って挨拶をしていきたいです。そしていばらき教育の日の重要性を他の人に伝えていきたいと思いました。
   


 

令和元年度 公開授業

 10月26日(土)に令和元年度公開授業(含む道徳関係),保護者及び教員対象説明会,部活動体験・見学を行いました。
 中学生120名,保護者100名の皆様が来校してくださいました。
 また,部活動体験には50名,説明会には40名の方が参加してくださいました。
 説明会では,近年の入試倍率や特色選抜の変更点の解説,進路実績,教育課程について説明をし,残りの20分は,在校生徒のボランティアと座談会を行いました。ボランティアの生徒は経験値が上がってきているので,はじめからスムーズに保護者の皆さんと溶け込み,学校生活について丁寧に回答していました。

 公開授業は,3年生の選択による少人数授業(3クラス8展開,1クラス3展開)の公開や2時間目に1・2年生の道徳関係の授業の公開となりました。
 部活動体験は,野球部,剣道部,陸上競技部,サッカー部,バレー部,ハンドボール部,吹奏楽部,生徒会で行いました。

 吹奏楽部はアンサンブルコンクールに出場するメンバーにより,図書室前のオープンスペースでミニコンサートを行いました。
 多くの方の来校で,本校生徒が貴重な経験をできましたことに感謝申し上げます。

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   ← 今日のボランティアの生徒さんです。
   2年生8名,1年生2名
   




 

家庭教育学級

 10月10日(木)にかすみがうら市立下稲吉中学校第1学年の保護者30名が「家庭教育学級高校見学会」で来校しました。
 学校概要や入試について説明したあと,本校の下稲吉中学校出身の2名の女子生徒から,学校の様子や進路について話をしてもらいました。
 そのあと,1,2年のボランティア生徒10名が5つのグループに分かれ,座談会形式で保護者の皆様とお話をさせていただきました。
 始めは緊張していましたが,徐々に慣れ保護者の皆さんと笑顔でやり取りをしていました。生徒たちに貴重な体験の機会を与えてくださいまして,
ありがとうございました。
   
   
   

 

特殊詐欺防止啓発活動

9月26日(金)に第2学年を対象に,「特殊詐欺防止啓発活動に関する講義」を行いました。

 本校は今年度,一般社団法人全国銀行協会より「特殊詐欺等防止啓発活動実施校」の委嘱を受け,生徒自身が,振り込め詐欺等の被害が身近なところで起きている問題であることと捉え,その防止策等について理解し,生徒自身が考えた「特殊詐欺等防止啓発活動」を地元地域で実践しています。
 学校文化祭や学祭Tsuchiura2019,校内掲示板での啓発ポスターの掲示,啓発促進グッズの配布,老人ホームでの啓発活動などを行ってきました。
 今回は,一般財団法人全国銀行協会 上前 光弘様,株式会社ヒトメディア 富野 サトミ様を講師にお迎えし,特殊詐欺に関する知識を深めると共に,被害の現状や対策方法を学び今後の活動に生かすことを目的に講義を行いました。

<参加生徒の感想>
 今日の講話の,特殊詐欺の対策を聞いて,家族で詐欺について話し合う機会がなかったので,これを機に家族で話し合いたい。
 特に,どの家庭でもすぐに始めることができる固定電話を留守番電話にすることなどとても参考になりました。また,お年寄りの方だけでなく,自分たちの世代でも被害に合わないとは限らないので,日々の生活から今日の講話を意識して対策していきたいと思います。
  
  

 

後期始業式,壮行会,役員認証式

令和元年度後期始業式を行いました。
 10月1日が創立記念日のため,2日が始業式となります。
 いよいよ令和元年も後半となります。進路実現に向けてしっかりと取り組みましょう。
 始業式の後,U18日本陸上選手権と関東陸上新人大会に出場する生徒の壮行会を行いました。U18日本陸上選手権には1名 関東陸上新人大会16名が参加予定です。選手の皆さん頑張ってください。
 最後に,9月24日に令和元年度後期の生徒会役員選挙により信任された6名の認証式を行いました。
 生徒会長の塚田光哉(2年生)を中心に生徒会を運営していきます。生徒のみなさんの積極的な参加を今後もお願いします。

<生徒会長あいさつ>
この度,生徒会長に任命されました,塚田光哉です。私は先日の選挙で学校を「よい方向へ導く」と宣言しました。具体的な計画が二つあります。
 一つ目は,学校行事を生徒と協力し,さらに活性化させることです。過去の先輩の伝統を継承し,新たに道を切り拓くことで学校はより発展できると考えています。
 二つ目は,生徒一人一人が自律した生活を送ることです。学校にその変化をもたらすためには,それぞれが高い意識・目標を持つことが重要だと感じます。
 生徒会一同,全力を尽くして参りますので,御協力,御声援をよろしくお願いします。
   
   

 
 

校内球技大会

  9月13日(金)に校内球技大会を実施しました。
  男子はサッカー,バレーボール(1年生は卓球やテニスもあります)
  女子はバレーボール,ドッジボール(1年生は卓球やテニスもあります)
  クラス対抗のリレーや大縄跳びに取り組みました。
  生徒会が中心となって運営し,部活動により各試合の運営が行われました。
  生徒の皆さん,お疲れ様でした。
   
   
   
   
   
   
   
 

中国高校生訪日団来校

9月6日(金)中国高校生訪日団来校
 本校では,国際的視野の涵養や異なる文化を持った人たちと共に生きる資質・能力の育成,友好促進を目的に国際交流授業を行っています。
 昨年度は外務省計画・実施の対日理解促進交流プログラム「JENESYS2018」により訪日した香港の高校生と交流を深めました。今年度は,同じく外務省計画・実施の「日中植林・植樹国際連帯事業」のプログラムを利用して訪日した中国の高校生34名と交流を行いました。
 5~10名のグループに分かれて,第2学年の授業に参加しました。古典の授業では,英語とのコラボ授業を行いました。漢詩を中国の高校生に中国語で読んでもらうことで「韻」について理解を深めたり,本校生徒の書き下し文をグループごとに英訳する作業を行いました。中国語の発音に戸惑ったり,英訳の過程ではどのように直していくか,漢字,英語,ジェスチャーを交え意見交換を行っていました。
 その他には英語だけでなく,体育や芸術(音楽,美術)の授業にも参加し,交流を深めていました。体育の大縄跳びではクラスの生徒と必死なって取り組む姿が印象的でした。
6時間目には,第2学年(240名)による歓迎会を行いました。本校生徒代表者による英語でのウェルカムスピーチ,団長さんのあいさつ,訪日団生徒の代表あいさつの後,本校生徒による英語での学校概要説明,チアリーディングの模範演技を披露しました。最後に,訪日団生徒によるパフォーマンスが披露されました。大いに盛り上がった歓迎会となりました。
最後に,本校茶道部の生徒と一緒に「茶道」を体験しもらいました。また,部活動道の見学では,訪日団の生徒さんが大変興味深くしていたのが印象的でした。
 本校生徒が,このような国際交流の機会をいただいて,国際交流を体験でき,日本の伝統文化に触れる機会を提供できたこと,日中友好の一助となれたことに,関係者の皆様に感謝申し上げます。
   
   
   
   
   
   
   
   河南省鄭州市第47中学校
         第11中学校
   
   
 

9月始講式&茨城国体壮行会

 本日,全学年の生徒が揃い9月始講式を行い授業を再開しました。
 学校長より講話を頂いた後,茨城国体に参加する3名の壮行会を行いました。
優勝を目指して頑張って欲しいと思います。

 剣道男子団体 佐藤瑠綺(3年)
 陸上競技 100M,400Mリレー 高木 睦(2年)
 ボウリング  佐藤優輝(2年)

 開催期間,会場についてはいきいき茨城ゆめ国体2019HPをご覧ください。

 
 
 
   


 

Kohoku オープンスクール 2019 第2回

 第2回のKohokuオープンスクールを8月27日(火)に行いました。
 平日にもかかわらず,およそ200名の保護者の皆様方と生徒300名のおよそ500名の参加を頂きました。今回も比較的過ごしやすい気候の中,全体会を40分,その後分科会①として部活動体験,分科会②として本校生徒との懇談会(希望者),保護者の皆様と本校生徒の座談会(希望者)を行いました。参加された皆さんの進路決定の一助になれれば幸いです。

 そして,オープニングセレモニーとして,第1回に引き続いて,吹奏楽部の演奏,応援委員(チア)と少林寺拳法部の模範演技を披露させていただきました。それぞれの生徒たちがこのような形で活動できたことは大きな経験となりました。ありがとうございました。併せて,全体会の進行や学校紹介を行いました生徒会,本校のボランティア生徒,各部活動の部員にとっても今後の成長につながる活動となりました。今後も地域連携の一貫として積極的に活動したいと思います。

   
   
   
   
  ← 無料シャトルバス 

 10月26日(土)には授業公開,部活動体験(特色選抜参加部活動),中学校保護者・教員向け説明会を行います。是非ご参加ください。
 また,11月にはバレーボール,ハンドボール女子,陸上競技部,吹奏楽部の部活動体験も予定しています。詳細は9月5日(木)に学校HPでご確認ください。

 

学祭Tsuchiura2019

8月3日(土)に土浦の高校生の祭典「学祭Tsuchiura2019」が行われました。
  第2回目の今回は,土浦の「きららまつり」に合わせて行われました。
土浦市内の県立・私立10校が参加しました。
  本校も昨年に引き続き参加し,部活動紹介,ビブリオバトル,学校紹介を行いました。
今年度本校では,「振り込め詐欺等防止啓発活動実施校」の委嘱を受け,啓発活動を行っています。
  その一環として学校紹介ブースに啓発ポスター等を展示させていただきました。
  生徒会や家庭クラブのメンバーがチラシやポケットティッシュの配布等を行いました。
   
   
   
 

職員向け救命救急講習

7月25日(水)に職員対象の救命救急講習(AED講習)会を行いました。
校内外での緊急の対応の訓練ができました。
職員からは,「定期的な講習の受講は必要だ」とういう声も聞かれました。
講師の消防署員のみなさん,ありがとうございました。
   
   
 

Kohokuオープンスクール2019

7月23日(火) Kohokuオープンスクール2019 を実施しました。
  ときどき雨が降る,この時期としては過ごしやすい気候の中,中学生400名余りと保護者・中学校教員約200名,併せて600名の参加をいただき,ありがとうございました。
  生徒会役員2名の司会で開会し,オープニングセレモニーでは,吹奏楽部の演奏,応援委員(チア),少林寺拳法部の実演を行いました。学校代表者あいさつ,進路状況説明,入試概要説明のあと,生徒会役員が,自分たちで作成した学校紹介の映像を見せながら,学校紹介を行いました。
  10時からは,部活動体験と本校ボランティア生徒との懇談会,保護者のみなさんには本校ボランティア生徒が学校の様子を紹介しました。
  50名近い本校生徒がボランティアとして参加し,オープンスクールを盛り上げてくれました。
8月27日には第2回のオープンスクールが予定されています。今後もよろしくお願いします。
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
  
 

2019 7月終講式&表彰式

7月22日(月)に7月終講式及び表彰式を行いました。
 表彰式では,17名の生徒が表彰を受けました。
 終講式では,大和田校長の講話の後,進路指導部長,生徒指導部長より夏季休業中の心構えや生活上の注意点について話がありました。最後に,教務主任より授業への取り組み方等の話がありました。
 生徒の皆さん,健康管理に注意し有意義な夏休みを過ごしてください。
  
  
 

2019年度 野球応援

7月7日(日)にJ:COMスタジアムで本校の野球部の初戦が行われました。
季節外れの気温で,応援の生徒たちも大変だったと思います。
次戦はBシードの石岡一高との対戦です。がんばってください。
   
   
 

薬物乱用防止教室

 6月12日(水)の7時間目に,全校生徒対象の薬物乱用防止教室をおこないました。
薬物の恐ろしさについて熱心にお話をいただきました。講師の先生,ありがとうございました。
<感想1>
私は, 今回の薬物乱用防止教室の話を聞いて, 薬物の恐ろしさを改めて理解することができました。また, 薬物を乱用することによってたくさんの人に迷惑をかけ, 悲しませることも学びました。薬物を薦めてくる人の考えが私には全く理解できませんでした。もし, 友達や大人に誘われてもはっきり断り, 自分自身を守っていきたいと思います。そして, 万が一薬物を友達が薦めてくるようなことがあれば, 誘ってきた友達が自らの健康を害し, 他人に迷惑をかけないよう「断る勇気」をもって接していきたいと思いました。

<感想2>
今回の薬物乱用防止教室を受け, 改めて薬物の怖さを知りました。また, 薬物そのものの名前で薦められるのではなく, 人が気になりやすい馴染みのある名前で販売されていたことも非常に恐ろしい事実であると私は思いました。もちろん, 薬物を薦める人には絶対なりたくありませんが, もし薦められるようなことがあったら, はっきりと断っていきたいと思います。そして, 自分自身を大切にし, 両親から授かった大切な命を大事にしようと思いました。

   

 

選択英語 English Cooking

  本校3年生の文Ⅰコースには,週2時間の選択授業があります。
 国語表現,政治・経済,生物基礎,音楽Ⅲ,美術Ⅲ,コミュニケーション英語Ⅱ,子どもの発達と保育,情報デザインの8つの選択科目から,自分の進路に合わせて選ぶことができます。
 昨年度は,音楽Ⅲの受講生徒が近隣の白鳥保育園でミニコンサート行ったりしています。
 今回,コミュニケーション英語Ⅱの受講生徒たちがALTのストーン先生の指導のもと,”English Cooking ”を行いました。ストーン先生の英語での指示を受けながら,手際よくスペシャルチキンカレー作りに取り組んでいました。
 お昼休みに,ストーン先生を囲んで楽しいランチタイムになりました。
 冬には第2弾を予定しています。
 今後も体験型の授業の様子をお知らせします。
   
   
   
 

2019年度 異校種間相互授業参観

 教職員による異校種間相互授業参観が始まりました。
 本校では,昨年度より「異校種間相互授業参観」を始めました。今年度も市の計画訪問に併せて実施させていただきます。
 本日の菅谷小学校を皮切りに,夏休み前に4つの中学校と1つの小学校を訪問します。
 9月以降は7校ほど中学校を訪問予定です。
 6月6日は4名の職員が菅谷小学校を訪問しました。
 小学校の授業参観は新鮮で,ディスカッション的な要素を取り入れた3年生の学級活動や体験型の4年生の理科など工夫あふれる授業で,児童たちが生き生きとした表情であったのが印象的でした。
 また,5・6年生の授業では,ペアやグループによる調べ学習を取り入れた授業が行われていました。5年生の授業では,ペアワークの際のコミュニケーションを増やす目的で1枚のワークシートを2人でシェアさせながら取り組ませている方法は大変役立ちました。

 今回このような機会をいただき,菅谷小学校の校長先生をはじめ,職員の皆様,ありがとうございました。
 授業改善の一助と今後の連携につながればと思います。

   
 ↑ 3年生学級活動  ↑ 5年生 国語 ↑ 1枚のワークシートを埋めています。
   
 ↑ 6年生社会  


 

2019年度前期教育実習

5月27日(月)より,前期の教育実習が始まりました。
本校卒業生8名と協力校として筑波大学の学生1名を受け入れています。
卒業生は8名は鈴木美佐緒先生が学年主任の第31期生です。
3週間の期間,しっかりと実習に取り組んでください。
 
 

2019年度 交通講話

5月17日(金)の6時間目に,交通講話を行いました。
日本損害保険協会から講師をお招きし,お話をいただきました。
本校生徒の交通安全に関する規範意識が少しでも向上し,交通事故の被害者・加害者になることを少しでも防げればと思います。
   
 

2019年度 PTA総会

 5月11日土曜日に,公開授業及びPTA総会・支部総会を行いました。
多くの方に参観していただいて,生徒だけではなく教職員にとっても大きな励みになりました。
また,中学生やその保護者の方々にもご来校いただきましてありがとうございました。
 公開授業後のPTA総会にも多数の保護者の方々のご参加をいただき,ありがとうございました。特に,特別棟へのエアコンの設置のご協力,感謝申し上げます。
 学年懇談での講演会では熱心にお話を聴かれている様子が印象的でした。また,PTA支部会でも積極的なご意見をありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。
   
↑ 中学生も参観してくれました!





1年6組 世界史Aの授業です →





1年2組 化学基礎の授業です ↓
  
   
   
   
   
 

体力テスト・身体測定等

4月23日(火)
 体育科教員,体育委員を中心に体力テストや身体測定等を実施しました。全体での諸注意の後,体育委員の指示で準備体操を行い,学年,学級,男女別になり,グランドや体育館,特別棟教室を使用し行いました。各生徒が,反復横跳びや50メートル走などの体力テストに真剣に臨んでいました。大きな怪我もなく終了することができました。生徒のみなさん,お疲れ様でした。
   
   
 

離任式

 平成31年度の離任式を行いました。
 離任された先生方のお話を聞くと、「寂しさ半分」「新たな希望半分」の様子が印象的でした。
 管理職のお二人話を簡単にご紹介します。
 山﨑校長先生「これをやるんだ」の積み重ねが自分を作る。
           自分の思い通りにならないときこそ、自分を変えていこう。
 高原校長先生「Yes,I can.  Yes, We can」 みんなで考え、協力すればきっと何でもできます。
          「部活を引退しても、進路が決定しても自分を磨き続けてください。」
  
  
  
  
 

対面式&部活動紹介

 4月11日(金)に生徒会主催の対面式と部活動紹介を行いました。
 対面式では,生徒会会長と新入生代表のあいさつがありました。
 その後,新入生向けに部活動紹介を行い,各部活が熱心に部活動の紹介を行いました。
   
   
   
   
   
  少林寺拳法部
迫力満点でした。
 
   
吹奏楽部の演奏も見事でした。
   
   
 

平成31年度入学式

 4月9日(火)に平成31年度入学式を行い,37回生として240名が本校の一員となりました。
 下稲吉中学校長塚谷様,霞ヶ浦中学校長小林様のご臨席,PTA会長の大橋様や県議の外塚様からのご祝辞,誠にありがとうございました。
  
  
  
  
  
 

2019年度新任式&始業式

4月8日(月)に2019年度の新任式,始業式を行いました。
 大和田綾子校長先生をはじめ11名の先生方をお迎えし,2019年度の土浦湖北高校がスタートしました。
 新任式では中野雅一教頭先生から「魔法は誰でも使える」というお話をいただきました。
始業式では校長先生から,次の3つのお話がありました。1つ目は「明確な目標設定をすることで充実した学校生活を送ること」,2つ目は「本校生徒である自覚を持ち,一人一人がよりよい学校にしていくように取り組むこと」,3つ目は「あきらめずに物事に取り組むこと」。
生徒の皆さん,1年間頑張っていきましょう!
  
 

山﨑美樹校長先生ご退職

 平成31年3月31日をもちまして,2年間本校で校長を務められた山﨑美樹先生がご退職となりました。
 在任中は,授業観察や登校指導,課外や個別指導に積極的にかかわってくださいました。
また,文化祭ではオープニングに教頭先生とステージ上で歌を披露してくださいました。
 2年間お世話になりました。
  
  
 

表彰式及び平成30年度表彰式

3月22日に表彰式及び平成30年度の終業式を行いました。
 表彰式では少林寺拳法部の活躍が表彰されました。
 終業式では山﨑美樹校長先生から講話をいただきました。
  
  
 

職員対象の「学校組織マネジメント研修」

2月15日(金)に「学校組織マネジメント研修」を行いました。
 この研修は,教育委員会主催の「ベテラン教員研修」の一貫として実施しました。
 NITS((独立行政法人教職員支援機構)の校内研修動画を使用し「学校組織マネジメント」について学びました。
 具体的には,県南地区の中で,本校の特色(コンセプト)を明確にする必要があるので,本校の内部環境(強みStrength・弱みWeakness)及び外部環境(機会Opportnunity・脅威Threat)を分析(SWOT分析)し,その状況を職員間で共有することで,本校における「学校の将来構想」作成の手立てとすることを目的とします。
 ベテラン教員の5名の先生方,計画・実施等お疲れ様でした。
<職員の感想>
・「SWOT分析」という用語は知っていたが,具体的に解説を聞いて分析を行ってみると面白かった。
・「弱み・脅威」が多くなってしまうと思ったが,思ったより「強み・機会」が多く出た。
・具体的なマネジメントに移せるのか,疑問な点もある。(財政上等の問題)
   
   
 

職員対象の「メンタルヘルスケア研修」

 1月30日(水)に校内衛生委員会主催の職員対象の「メンタルヘルスケア研修」を実施しました。本校では,教職員のメンタルヘルス不調の未然防止と早期対策として,ストレスチェック制度で教職員のストレスの度合いを測定し,面談等のラインケアでフォローアップしています。
 今回の研修では,講師として,「茨城カウンセリングセンター」の専任カウンセラー水柿義之氏をお招きし,セルフケアの一環として,
(1)職場のコミュニケーションの活性化による同僚性の構築
(2)アンガ-マネジメント
の2つのテーマで行いました。
 (1)では,4人のグループで「こころのストレッチ」として,7つのテーマについて一人一人が順に語りました。普段では聞けないようなお話を聴けて,お互いをより良く理解できる一助となりました。
 (2)では,「怒りのピーク6秒をやり過ごすスケールテクニック」と「『今,ここ』を感じるマインドフルネス瞑想」として,「歩く瞑想と呼吸法」を実際に体験しました。
 今回の研修を通して,自己のストレスに気づき,教職員全体でメンタルヘルスケアに取り組む意識をさらに高められたと思います。
 水柿先生,ありがとうございました。

  水柿講師
 こころのストレッチ 
  マインドフルネス
瞑想,歩く瞑想
  


 


 

 

平成30年表彰式・壮行会&12月終講式

12月21日(金)に,表彰式・壮行会,12月終講式を行いました。
 表彰式では,美術部の2年齋藤結菜さん,バドミントン部男子,少林寺拳法部が表彰されました。今後も頑張ってください。
 続いて,少林寺拳法部の関東大会,全国選抜大会の壮行会を行いました。
  高田 奏都(1年)  豊田 航大(1年)  三浦 咲冬(1年)  
  安達 美希(1年)  谷中  鈴(1年)
  
  
  
 終講式では,学校長,進路指導部長,生徒指導部長よりお話をいただきました。
 生徒の皆さん,有意義な冬休みを送りましょう!
  
  
 

国際交流

 12月11日(火)に香港の高校生が来校しました。
 外務省が計画・実施する対日理解促進交流プログラム「JENESYS2018」により,中国から875名の高校生を招へいする交流事業です。
 本校では,この事業の「香港・澳門(マカオ)高校生訪日団学校交流プログラム」に申込み,香港の高校生たちと交流を行いました。
 交流プログラムは,授業等で交流する本校生徒180名による歓迎会からスタートしました。本校校長からのあいさつ,本校生徒代表者による英語でのウェルカムスピーチ,団長さんのあいさつ,訪日団生徒の代表あいさつの後,本校生徒による英語での学校概要説明,本校少林寺拳法部模範演武,チアリーディングの模範演技を披露しました。最後に,訪日団生徒によるパフォーマンスが披露されました。郷土音楽の歌唱や日本のポップミュージック2曲を披露してくれました。大いに盛り上がった歓迎会となりました。
 次の時間は,2年生において,コミュニケーション英語Ⅱと家庭基礎の授業の教科横断的授業を行いました。本校生徒のグループに訪日団の高校生の皆さんが加わり,「どら焼き作り」を行いました。英語や漢字,ジェスチャー等を介しながら協力して作業を行っていました。試食では,自分たちで作ったどら焼きをみんなでおいしそうにほお張っていました。
 午後の2時間は,1・2年生の英語の授業や3年生の選択授業の英語,音楽,美術に参加し交流を深めました。
 最後に,本校茶道部の生徒と一緒に「茶道」を体験してもらいました。また,体育館やグランドの運動部の見学では,訪日団の生徒さんが興味津々で一緒に体を動かして楽しんでいたのが印象的でした。

 本校生徒が,このような国際交流の機会をいただいて,国際交流を体験でき,日本の伝統文化に触れる機会を提供できたこと,日中友好の一助となれたことに,関係者の皆様に感謝申し上げます。

  
  
  
  
  
  
  
  
  

 


 

ボランティア演奏

 12月10日(月)に,本校3年生の選択授業で音楽を履修している生徒19名が,白鳥保育園を訪問しました。大勢の人の前での演奏は初めての経験でしたが,子どもたちを楽しませることができました。日頃の授業の成果の発表の場を与えてくださいました,白鳥保育園,保護者の皆様,ありがとうございました。
<参加生徒の感想>
 私たち3年選択音楽クラスの生徒19名は,白鳥保育園にてボランティア演奏をしてきました。園児の皆さんが,寒い季節を少しでも楽しんでもらえればと,クリスマスの曲を歌ったり,トーンチャイムの演奏や合唱をミニコンサートの形で行いました。行く前は,どうなるんだろうと不安や緊張もありましたが,保育園に入った瞬間,小さい子たちがニコニコしながら声をかけて手を振ってくれたりして,笑顔で演奏することができました。将来、保育士を目指しているので,自分がどんな先生になっているんだろう,どんな子と出会うのかなと,今からとても楽しみになりました。
 白鳥保育園の園長先生はじめ職員の皆さん,園児のみなさん,あたたかく迎えて頂きましてどうもありがとうございました。
  
 

家庭クラブ活動報告(フェスティバル神立)

11月25日(日)家庭クラブがフェスティバル神立に参加しました。
地元のお店とのコラボレーションによる販売は3回目となりました。
今年は志ち乃さんとのコラボで,どら焼きをつくりました。
<参加生徒の感想>
・自分達で,中のあんを考えたり何度も試作をしたりと大変なこともありましたが,みんなと一緒にできて楽しかったです。そして志ち乃さんとコラボできて良かったです。

・当日は,幅広い年代の方に買っていただけてとても嬉しかったです。どらやきを袋に入れて手渡した時に「ありがとう」と言って下さった方がいて嬉しかったです。

・一番最初に完売したのは,ベリーでした。ベリーは,シャリシャリするフリーズドライのベリーがアクセントで甘酸っぱさが良かったです。ずんだは,湖北高校としては,一押し商品でした。チーズが入ることでまろやかになることに驚きました。黒豆きなこはふわっと香る黒豆の香りが良かったです。

・志ち乃さんとのコラボ商品ができるまでのパネルを見てくれるお客さんがいたことも嬉しかったです。来年も是非コラボ商品を製造・販売したいと思います。

  
  
  
  
  
 

学祭Tsuchiura2018&フェスティバル神立

 11月24日(土)は学祭Tsuchiura,25日(日)はフェスティバル神立に本校生徒が参加しました。
 学祭Tsuchiuraでは,生徒会メンバーが学校説明,図書委員会からビブリオバトルに,少林寺拳法部が模範演武を行いました。学校紹介ブースには,活躍する本校の卒業生の写真やスクールガイドを掲示しました。

 フェスティバル神立には,本校のチアリーダーと家庭クラブが参加しました。
 家庭クラブの様子は,後日掲載します。

  
  
  
  
  

 

下稲吉中学校第1学年家庭教育学級

 11月8日(木)の午後に,かすみがうら市立下稲吉中学校第1学年の家庭教育学級として,36名の保護者の皆さんが来校してくださいました。
 施設案内,学校概要・入試説明,生徒の活動の様子の動画視聴,最後にボランティア生徒と懇談会を行いました。
 ボランティア生徒との懇談では,各グループで活発なやり取りで盛り上がっていました。高校生活や本校の様子を十分にお伝えできたと思います。
 ボランティアは1年生が大部分でしたが,オープンスクール等で経験を積んできたので,とても落ち着いて懇談できている姿に成長を感じさせられました。
 生徒が成長する機会を与えてくださいました下稲吉中学校第1学年の保護者の皆様,ありがとうございました。
   
   
 

平成30年度 地域と連携した防災避難訓練

11月6日(火)の7時間目に,地域と連携した防災避難訓練を行いました。
 地震災害による火災を想定した避難訓練で,地域住民(参加協力者)の方にも参加していただきました。地域住民の方は15名が参加してくださいました。
 本日は雨天のため,体育館への避難となりましたが,住民の皆さんも体育館で生徒・職員と共に土浦消防本部神立消防署の小松原透伊(ゆきただ)消防士からの指導講話を聞きました。
 地域住民の皆さん,お疲れ様でした。
  
  
 

パラリンピアン講演会

 10月23日(火)に,オリンピック・パラリンピック推進事業の推進校として,パラリンピアンによる講演会を行いました。
この事業は,国のオリンピック・パラリンピック・ムーブメント全国展開事業を受けて県で行っているものです。
 茨城県では,小・中学校で37校程度,県立学校で3校程度が推進校になっています。
今回の講演会では,北京・ロンドン両パラリンピック競泳日本代表選手で,
日本初の義手の看護師である伊藤真波(いとうまなみ)さんをお招きし,「あきらめない心」と題して,講演をいただきました。
 家族への思いや,20歳での人生を変える事故,リハビリ,パラリンピック,子育て,仕事について心から語ってくださいました。伊藤さんの「『どんな自分なりたいか?』と常に思うことが大切である」という言葉に胸を打たれました。
最後の,義手をつけての見事なバイオリンの演奏に,涙する生徒もいました。

<生徒の感想1>
 まず最初に感じたことは,自分がどんな自分であれ,それを怖がらず自信を持って生きることの大切さです。他人に流されず自分の姿や意見を貫き通す伊藤さんは,本当にカッコよくて,私の憧れになりました。
 私も将来,医療に携わる仕事したいと考えています。これから先,つらいことがあっても,自分を見失わず,前向きに自信を持って生きていこうと思います。
<生徒の感想2>
 最初,伊藤さんが入ってきた姿を見た時,とても驚きました。私は手を失った人を初めて見ました。話をきいていると,自分が普段,普通にできていることができない,他の人より倍の時間がかかる。自分には体験したことのないことで,初めはよくわからなかったけれども,お話をきているうちに心に響いてきました。バイク事故の怪我を必死に直そうとした苦痛の伴う治療も,他人ごとではないという実感がわいてきました。
 右腕を失うという想像もつかないつらい思いを経験したのに,大勢の人の前であんな笑顔で事故のことを話せる伊藤さんは,とてもすごいと思いました。
 私は部活動に取り組み,将来の夢もありますが,その夢に向かって苦手なことからも絶対に逃げないで,伊藤さんのようにあきらめないで頑張りたいと思います。

  
  
  

 

平成30年度 人権研修

 10月17日(水)に茨城県教育研修センターより齋藤亮一郎指導主事をお迎えし,「一人ひとりを大切にする人権教育の進め方」と題し,本校職員41名を対象に人権研修を行いました。
 前半は,「人権」についての基本的な捉え方や人権教育とは自分の大切さとともに,他の人の大切さを認めることであること,人権教育を通じて育てたい資質・能力についてなどを具体的に説明をしていただきました。
 後半は,アクティブラーニング(AL)の視点を取り入れたグループワークを行いました。「人権教育を通じて育てたい資質・能力」を9つ提示され,「ダイヤモンド・ランキング方式」で個人がランキングした後,グループ内で発表し,グループごとのランキングを作り,それぞれ発表を行いました。ひとそれぞれの考え方によりランキングが違うのが面白かったです。
 最後に,リフレクション(振り返り)で,研修の内容を振り返りました。
<参加者の感想>
・「人権」というと,重く感じるテーマであるが,身近なところに人権意識を持つことが大切であることを再認識しました。
・授業づくり,人間関係づくり,教室環境の整備等の当たり前のことが人権教育になっていることが理解できました。
・後半のAL的な演習は,授業改善のヒントになりました。
  
  
  
 

平成30年度 校種間見学(秋)

 7月に続いて,土浦市内及びかすみがうら市内の中学校5校の計画訪問にお邪魔しました。
各中学校で授業を見学させていただくと,授業の組み立てやICT機器の使用,生徒との関係性において,それぞれの学校・授業に参考になることが多く,授業改善に役立つヒントが豊富でした。教育委員会の皆様,各中学校の校長先生をはじめ,職員の皆様,ご協力ありがとうございました。

<都和中学校の様子>

  
  

 

平成30年度後期始業式&生徒会認証式

18/10/02  後期始業式と生徒会役員認証式を行いました。
       学校長からのお話(校長メッセージ参照)と生徒指導部長よりお話をいただきました。
       生徒指導部長からは,自転車の運転マナーと衣替えについてのお話がありました。
       続いて,生徒会役員認証式が行われ,7名の新役員が認証されました。
       1年間,生徒会の運営をよろしくお願いします。
       
  生徒会長挨拶絵文字:NEW
  「私は『自律・創造・奉仕』の校訓に基づいた生徒会の運営を考えています。特に、文化祭やクラスマッチなどの学校行事では生徒の声を取り入れ、生徒主体の運営をすることが目標です。また、生徒会役員を中心に地域のボランティア活動へ積極的に参加し、地域の皆さんに信頼される湖北高校にしていきたいと考えています。」
 
  
  
  
 

つくば進学フェアー 2018

 9月23日(日)に,つくば国際会議場で開催された「進学フェアー2018」に参加しました。
 3連休の中日にもかかわらず,2,000名近い来場者があり,本校ブースにも多くの保護者のみなさんや生徒さんが立ち寄ってくださいました。
 進路状況や入学試験,学校生活について熱心に質問されていきました。
 
 

平成30年度 クラスマッチ

9月14日(金)にクラスマッチ(校内球技大会)を行いました。
 男子はバレーボール,サッカー, 女子はバレーボール,ドッジボール
 卓球,ソフトテニス(男女問わず)の各競技を学年毎に行いました。
 各クラスが優勝を目指して必死に取り組んでいる姿が印象的で,生徒たちのエネルギーを感じました。今後の学校生活も頑張りましょう。
  
  
  
  
  
 

平成30年度 いばらきハイスクール議会

 いばらきハイスクール議会が8月4,5日の2日間行われました。
1日目は,講演会,会議の議長選挙のあと,翌日のリハーサルを県議会の本会場で行いました。生徒たちは厳粛な会議場の雰囲気を感じながら,リハーサルを行いました。
 2日目は,9つのグループに分かれて政策の提言のための話し合いを行いました。話し合いは「茨城の現状を理解する」「茨城の未来のビジョンを描く」「実現のための政策を立案する」の各テーマで行われました。最後には,本会議場での政策発表を行って終了となりました。本校の生徒たちも積極的に提言案の作成にかかわっていました。

<感想1>

 私は「いばらきハイスクール議会2018」に2日間参加し,様々なことに気づかされました。
 一日目の青木大和さん講演会では,私は生きているだけで幸せ者だと思いました。世界には社会的要因など多くの困難を抱えている人がいると知りました。改めて,私は日々をしっかり生きていこうと思いました。
 2日目には,茨城をより良くするために,グループごとに政策を立案し,発表しました。
私は常陸国風土記で「常世の国」,つまり「天国」と紹介されていた茨城に,歴史村を作り,外国人観光客を含めた多くの人たちに楽しんでもらえるような政策を提案しました。
 私はこの2日間,とても疲れましたが,来年もこの議会に参加して,故郷茨城をもっとより良い街にできるように,努めていきたいと強く思いました。

<感想2>
 「いばらきハイスクール議会」に参加してきました。そこで一番強く感じたことは,「コミュニケーション」の大切さです。他校の生徒さんも大勢参加すると聞いて,緊張で上手く自分の意見を伝えられるか不安でしたが,話し合いが始まると,そんなことを忘れてしまうほど集中して話し合いができました。とても有意義な2日間となったので,来年もぜひ参加したいと思います。

  
  


 

平成30年 土浦きららまつり

私達、湖北チアリーディングは土浦キララまつりのイベントに参加しました。新チームとして初めての発表に向けて,毎日練習に取り組みました。発表当日はたくさんの観客を前に全員が笑顔いっぱいに踊ることが出来たと思います。
  
 

平成30年度学習合宿

 今年度の学習合宿(2泊3日)を,日鉄住金ビジネスサービス鹿島株式会社人材育成センターで行いました。1年生が7月23日(月)~25日(水),2年生が25日(水)~27日(金)の日程で行いました。
 この合宿は,特別進学クラスの生徒(学年80名程度)を中心に行っています。
 目的は,英・数・国を中心に学力の向上を図る一助とすることと,上級学校受験に対応できる集中力と忍耐力を養うとともに,自学自習の習慣化を確立することです。
 授業内容は,本校教員による国数英等の講義等のほか,外部講師をお招きし,進路講演会や小論文講座なども行いました。
<参加生徒の感想>
①2年生女子
1日目の進路講話がとても自分のためになった。私たちがスタートするとき,誰も合図はしてくれない。だから,私たちは自分自身のタイミングでスタートするしかない。様々な方法ですでにスタートを切っている人も多いと聞いて,自分も将来のためにスタートをしようと思う。

②2年生女子
有意義な時間を過ごせた。入試問題中心の講義や講演会など,自分の進路実現に向けて,とても役に立つ講義になった。今後は,自主的に学習計画を立て,自分の進路実現に向けてあきらめずに一歩一歩前に進んでいきたいと思います。

③2年生女子
2年生になり,受験を意識するようになっているので,講義に対して真剣に取り組めた。やはり目的をしっかり持つことは大切だと再認識した。

  
  
  
  
 

平成30年度 校種間授業見学(春)

 7月3日(火)に土浦第三中学校で,本校の職員5名が授業見学を行いました。
 この授業見学は,本校に入学してくる生徒の40%強が土浦市内中学校の出身であることと,中学校で行われている授業を参観することで,今後の本校職員の授業改善の一助とすべく行っています。土浦第三中学校の先生方には,大変お世話になりました。
 今週は,4日(水)新治学園義務教育学校さん,5日(木)土浦第五中学校さん,6日(金)土浦第二中学校さんにおじゃまする予定です。
 秋に市内の残り5校とかすみがうら市内の3校への授業見学を行う予定です。
参観した職員の感想(1)
 中学校の生徒たちは,手慣れた様子でグループワークを行いながら意見交換をして,ワークシートを完成させていた。
参観した職員の感想(2)
 どの授業でも,先生方が目標の「AL指数」を決め,実践している。また,まとめとして,「R80」の手法を用いて「反省や感想」ではなく,「授業の内容」を具体的に振り返させていたのが印象に残った。
  
  
  
 

平成30年度 家庭科研究授業

7月2日(月)に綿引指導主事をお迎えし,家庭科の研究授業が行われました。
 授業のテーマは「高齢者の消費者トラブルについて考え,どのようにしたら高齢者がトラブルに巻き込まれないか対策を考える」です。
 生徒たちは,ペアワークやグループワークを通して,高齢者の特徴を理解し,巻き込まれやすいトラブル対策をまとめていました。
その様子を掲載します。
  
  
  
 

平成30年度 キャリア教育ガイダンス

 6月22日(金)に,株式会社アクティブラーニング副社長の得能絵理子氏をお迎えし,「主体的・対話的で深い学び」を導く,学生向けのアクティブラーニング型授業を実施しました。今回の講演会は,「これからの時代に求められる人材とは?」というタイトルで,質問やペアワークを通して,自分で考え,発言するスタイルで,今世の中で求められている人材から逆算し,自分のこれから学習すべきこと,行動すべきこと,そして将来像を考えさせる一助として行いました。
 講演会後には,各HRで講演会の「振り返り」を,「R80」の手法で行いました。
 (“R”はreflectionとrestructureの頭文,”80”は80文字)
生徒の感想
・受動学習と能動学習の違いに印象が残った。普段何気なく受けている授業も取り組み方を変えるだけで,大きく変化し,とっても有効な時間になるとわかった。
・参加型の授業は大嫌いで,何が良いのかちっとも分らなかったが,「インプットとアウトプット」をセットにすることが学習効率に大切だということがわかってためになった。
・シカゴ大学の学生さんの話が,特に印象に残った。私たちとほとんど同じ年齢の彼が行っている活動にも驚かされたが,「僕は普通の学生だった。みんなも可能性を秘めている。」と言われたことに,更に驚いた。自分も何か行動を起こしたいと思った。
・自信を持つためには,何か一つでも得意なことがあると良く,小さなことでも挑戦することが良い。しかし,私には得意なことがなく困っているが,何かに挑戦しようと思う。
  
  
  
  
 

平成30年度薬物乱用防止教室

 6月4日(月)4時限目に,茨城県警 青少年課の講師の方をお招きし,全校生徒754名を対象に,「薬物乱用防止教室」を行いました。
 薬物がもたらす心身への影響,依存症,疾病との関連,社会への影響などについて理解すると共に,適切な意思決定や行動選択ができる資質や能力を身に付けられるようにする目的で行いました。
 生徒たちは,あらためて薬物の怖さについて認識できたようです。
<感想>
1年生
今回の講話を聞いて,薬物は大変危険なものだとさらに実感しました。
 一度だけでも乱用してしまうと,依存症になってしまい,その結果,脳が委縮し幻覚,幻聴が起き,命にかかわることがわかりました。これからの人生で,友人などの知人から誘われても断れる強い意志を持ちたいと強く思いました。
2年生
 今回の講演を聞いて,改めて薬物の恐ろしさを感じました。薬物は人を殺してしまうほど危険で,もし自分が友人達に勧められた時に,きっぱりと断れるか不安になりました。でも薬物に手を出すことで自分だけでなく,家族や身近な人たちにも迷惑をかけてしまいます。
 自分の夢や身近で自分を支えてくれている人のためにも,絶対に薬物を使用しません。

 
 

平成30年度 性教育講演会

 5月24日(木)の5,6時限目に,第1学年で,「性教育講演会」を行いました。
この講座は,自分や異性の身体の仕組みを知り,それぞれの身体を守ることを目的として行いました。
 今回の講師の石川和明先生は,スライドを使って分かりやすく説明していただきました。養護教諭や保健体育担当教諭ではなく,現役の医師によるお話に,生徒たちには良い機会となりました。

 生徒の感想(女子)
 これまでは,性の話は自分にあまり関係のない話だと思ってきましたが,今回の性教育講演会で男女ともお互いをよく知り,理解することが大事だということを学びました。
 生徒の感想(男子)
今回の講演会で,特に性感染症がこわいと思いましたが,石川先生から性感染症予防の方法を色々学ぶことができました。

  


 

平成30年度 交通講話

 5月18日(金)に,土浦湖北高校で「交通講話」を開催しました。
 これは,土浦警察署より講師をお招きし,土浦湖北高校全学年を対象に,自転車の安全な乗り方を中心として,交通安全に関する規範意識の向上を目指すとともに,事故を起こしてしまった場合の責任について理解することを目的とするものです。
 当日は,全校生徒755人が講義を聴き,事故の事例を映像で観て「自転車の並列走行や携帯電話を使用しながらの運転で歩行者と衝突した事が印象に残った」「周囲に気をつけよう」と自分にも起こりうることだと感じていたようです。 

 生徒の感想(2年女子)
 交通講話の中で自転車の乗り方について,動画を見ながら詳しく,分かりやすく学ぶことが出来ました。事故はいつ起こるか分からないので自転車に乗るときは交通ルールに従って周囲をきちんと確認しながら運転したいと思いました。

 


 

土浦第一中学校 家庭教育学級

 土浦第一中学校「家庭教育学級」の一環で,1~3年生の保護者の皆さんが来校してくださいました。バス2台に分乗し,市内の私立高校2校に,本校と隣接の公立高校1校を見学されました。3年生の保護者のみなさんは,修学旅行の出発日で,朝が早くお疲れのようでしたが,学校の入試説明や,生徒の話を熱心に聞いてくださいました。ありがとうございました。
 生徒の説明や入試説明が今後の進路実現の一助になってくれたら幸いです。
 是非,文化祭やオープンスクールに参加していただけたらと思います。
 本日最後の学校訪問なので,気分転換に,まずは緑の多い学校の中庭を散策。 
  テスト期間中で午後から学習中のバレー部。キャプテンから挨拶がありました。!
  3年生4名がボランティアとして,協力してくれました。
 学校生活や中学校の時代の話をよくしてくれました。
 

平成30年度PTA総会,公開授業

5月12日(土)に公開授業及びPTA総会,PTA支部会,学年懇談会を開催しました。

 公開授業では,普段見ることのできない授業の様子を熱心に参観されていました。

  
  


 PTA総会では,櫻井会長から大橋新会長にバトンタッチされ,新たなメンバーでPTAの運営が始まりました。
退任される櫻井会長さん,青木副会長さん,加賀美副会長さん,お疲れ様でした。
参加された多数の保護者の皆様,ありがとうございました。

  
  
  

2・3年生合同講演会は,教育費の現状と各種奨学金制度・教育ローンをテーマに行いました。

  


 1年生の講演会では,現1年生から導入される「新テスト」と「親はどのように子供の進路にかかわるべきか」というテーマで行われました。
 講師の先生は,「もう高校生だからといって,かかわらないようにするのではなく,積極的に子供の進路にかかわるべきだ」という内容で,保護者の方々には好評でした。

 


 

かすみがうらマラソン

18/04/18  本校の生徒会が,4月15日(日)開催の「かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2018」に,本校周辺地区のみなさん(「白鳥会」)とボランティアとして参加しました。当日は悪天候でしたが,参加されているランナーのみなさんの熱気に生徒たちも圧倒されていました。
白鳥会のみなさんもお疲れ様でした。
  
  
 

平成30年度離任式

18/04/13  平成30年度の離任式を行いました。
 離任及びご退職された6名をお迎えして,離任式を行いました。生徒たちへの貴重なメッセージをありがとうございました。新天地でのご活躍をお祈りしています。
 本校陸上部で15年間指導されました山崎祐司先生(保健体育)が定年退職されました。お疲れ様でした。
 

  
  
  
  
  
 

平成30年度対面式,部活動紹介

18/04/11  対面式,部活動紹介を行いました。
      学校長,生徒会長からの話の後,新入生の代表者から挨拶がありました。
  
  
  
  
  
 

平成30年度入学式

18/04/09  本日,平成30年度第36回の入学式を執り行いました。240名の入学生とPTA会長さんをはじめとする来賓の方々,350名余りの保護者の皆様のご出席で,盛大に執り行うことができました。入学生のみなさん,保護者のみなさん,おめでとうございます。3年間,湖北で頑張っていきましょう!
 学校長の祝辞は,「校長挨拶のページ」をご覧ください。
  
  
 

奉仕作業

4月8日(日)に,4月15日(日)開催の「かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソン2018」のコース上にある,本校周辺のゴミ拾いを行いました。部活動の生徒を中心に,ゴミ拾いや草取りを行いました。参加した生徒さん,先生方,お疲れ様でした。
  
 

平成30年度 新任式・始業式

18/04/06  平成30年度 新任式・始業式
 始業式では,学校長から「本校の目指す生徒像」が示されました。詳しくは,学校長メッセージをご覧ください。
 また,定期人事異動により,9名の先生方をお迎えしました。
 教頭 髙原 康之 先生
 主査兼事務長 古澤 洋子 様
 教諭 荒木 奈摘子 先生(国語)
 教諭 澁木 聖史 先生(数学)
 教諭 石﨑 一平 先生(国語)
 講師 藤田 勇哉 先生(国語)
  非常勤講師 日下 望美(保健体育)
 主査 檜山 隼人 さん
 臨時職員 白井 一矢 さん
 ちなみに,髙原教頭先生は本校に11年前まで13年間ご勤務されていました。
 また,藤田先生,日下先生,白石さんは本校の卒業生で,日下さんは陸上競技部OG,藤田先生,白石さんは少林寺拳法部のOBです。
  
 

平成29年度終業式&全国大会壮行会

 3月22日(木)に剣道部女子の全国大会壮行会と平成29年度終業式を行いました。
 剣道部女子は,3月26日から愛知県で行われる全国高等学校剣道選抜大会に茨城県代表として出場します。
 終業式では,学校長,進路指導部長,生徒指導部長より講話をいただいました。
 校長の講話の内容は,校長挨拶をご覧ください。
  
  
  
 

平成29年度卒業生の話を聴く会

3月16日(金)の午後から,卒業生の話を聴く会を行いました。例年,卒業したばかりのOB・OGから体験談を聴いて,1・2年生の進路意識の向上と進学意欲の喚起につなげています。本年度は,10名の卒業生に来校していただいて,貴重なお話をいただきました。

感想(2年文系一般クラス)

・特に塾に通う必要はなく,学校の授業に真剣に取り組むことで自分の進路実現ができるので,具体的な進路目標を決めて努力したい。
・部活動をやりながらでも真面目に学習に取り組めば自分の希望を叶えられることが再確認できたので,今後も継続したい。
・テスト前以外に勉強をする習慣がなかったが,部活から帰った後や休日に勉強したというお話を聴いて,自分も空いた時間を有効に使おうと思った。
・受験方式によって対策が変わることがわかったので,早めに進路先の情報を集めて対策していきたい。
・今何をすべきか,どのように勉強を始めればいいか悩んでいたので,今回はとても参考になった。特に,英語。単語の暗記からすぐに始めたい。そして,平日でも休日でも学習時間をできるだけ確保したい。
  
  
  
  
  

  
 

3年音楽選択者の保育園訪問

17/12/22  第3学年音楽選択者7名が白鳥保育園にて訪問演奏をしてきました。保育園の先生方,園児のみなさんに温かく迎えられ,この日のために授業で練習してきた季節の歌や,器楽曲の演奏をしました。
 とても熱心に演奏を聴いてくださり,参加した生徒一同,とても貴重な体験をすることができました。また,保育士や幼稚園教諭を目指している生徒は,これからの自分の目標がより明確にすることができました。
 白鳥保育園のみなさん,本当にありがとうございました。またお目にかかれる日を楽しみにしております。

  
  
 

12月終講式&表彰式&壮行会

17/12/22  表彰式・壮行会・終講式を行いました。
 12月22日(金)の午後に,表彰式と関東大会及び全国大会出場の壮行会を行いました。またその後,終講式を行い,学校長,進路指導部長,生徒指導部長よりそれぞれお話をいただきました。学校長からは,「本との出会いで成長しよう!」というお話で,吉野源三郎さん著の「君たちはどう生きるか」という本を紹介されていました。 進路指導部長からは,「思考力・判断力・表現力」を試されるので,しっかりとした学力をつけてもらいたいとのお話をいただきました。最後に,生徒指導部長からは,冬休みの「安全で有意義な生活」を送るようにとのお話をいただきました。

     表彰者 2年 大久保佳純(美術部) 君和田早紀(書道部)
                 今泉典香(ソフトテニス部) 齋藤恵(ソフトテニス部)
                 小松真琴(陸上部)
             3年 上野遙也(陸上部)浅野大樹(陸上部)

     壮行会 少林寺拳法部
       (1)関東高等学校少林寺拳法選抜大会 12月24日
         千葉県千葉市 総合スポーツセンター
         鈴木優斗(2年) 荻原大地(2年) 
                     雨貝帆保乃香(2年) 中里瑞希(2年) 和田彩杜(2年)
                (2)全国高等学校少林寺拳法選抜大会 平成30年3月24~26日
                     香川県坂出市 市立体育館
                     鈴木優斗(2年) 荻原大地(2年)

  
  

 

平成29年度教育インターンシップ

17/12/07  10月から11月にかけて,茨城大学教育学部3年生対象の「教育インターンシップ」に協力しました。
 理科選修2名,技術選修1名の計3名がのべ6日間行いました。
学生たちは,朝の登校指導に始まり,実験・授業の補助,放課後の自学のサポートなどをしました。すでに,教育実習の経験もあり,併せて多くの授業見学を行っているようで,スムーズに実施できたようです。
 LHRの時間では,高校時代の体験を話したり,放課後には推薦入試希望者の相談にものっていただきました。1日の最後には,出欠統計調査の補助と日直の先生方と一緒に校内の見回りにも行ってもらいました。
 タイトなスケジュールであったかもしれませんが,良い経験になったのではないでしょうか。

インターンシップに参加した学生の感想

理科選修男子 
 私は、自分のためではなく子どもたちのために全力を注いでいる先生方の姿をみて、教師とはこういうものでなければならないと改めて感じることができました。また私はこの土浦湖北高等学校の卒業生であったため、生徒としての目線からみた先生方の行動と教師としての目線からみた先生方の行動を比較しながらみることができました。その中で、私が生徒の頃にお世話になった先生方への感謝を改めて感じるとともに、自分自身も生徒に見えないところでもしっかりと努力をする人間でなければならないと感じることができました。

 理科選修女子
教育インターンシップということで1日お世話になりました。同じ内容の授業を4回ほど実験補助という形で参加させていただいたことで、クラスや先生によって雰囲気が全く異なることが分かりました。また、先生は1回目の授業で見つかった改善点を2回目で生かしていき、どんどん授業がよりよいものとなっていたので参考にしていきたいと思いました。小、中学校とは違った点を見ることができて充実した1日を送ることができました。お世話になった先生方、本当にありがとうございました。

  
  



17/10/02  茨城大学教育学部の3年生3名が教育インターンシップで来校しました。
 この教育インターンシップは,茨城大学教育学部が本年度より「教員という職業の理解,教員になることへの意欲」の向上を目的として実施するもので,本校では卒業生1名を含む3名を受け入れます。本日はガイダンスとして学校長からの話と,学校概要説明や施設案内,担当教員のHRで自己紹介や情報の授業の見学をしてもらいました。今月末から来月にかけての,1~3日間の短期のインターンシップですが,良い体験になるように協力していきたいと思います。3名の学生の皆さん,頑張ってください。

 

アクティブラーニング研修

◆11月17日(金)の午後に,90分間の職員対象のAL研修を行いました。
 前回に引き続き,株式会社アクティブラーニング副社長の得能絵里子氏を講師としてお迎えしました。
 今回は,前回の研修で学んだAL型の授業を組み立てるにあたってのポイントや持続的に成長するためのConstructionとChangeの重要性などを踏まえ取り組んだ授業実践について,主要5教科の代表者の授業の様子を事前に撮影したものを全職員で観て,講師の方からフィードバックしていただきました。また,短時間でしたが,ペアで「AL型授業の問題点」を共有し,さらにKJ法を用いて「生徒が主体的で対話的な学びをする場面作りの工夫」についてグループディスカッションし,代表者がそのまとめを別のグループで行う手法で行いました。
 講師の方から,AL型の授業のポイントを示していただきましたが,その中でも「生徒を伸ばすために,環境を整え,AL型の授業を先生方の武器として使って欲しい」というアドバイスが特に印象に残りました。

  
  
  


◆6月28日(水)の午後から,本校職員を対象としたAL(アクティブラーニング)研修を行いました。
 株式会社アクティブラーニングのシニアレクチャラー得能絵里子氏をお迎えし,「ALとは何か?」といった基本的なことから,AL型の授業を組み立てるにあたってのポイント,持続的に成長するためのConstructionとChangeの重要性などを教えていただきました。
 AL型の手法で進められた研修で,参加者全員が「主体的な学習者」となり,有意義な研修となりました。今後の授業改善に役立てていきたいと思います。得能様,ありがとうございました。

  
  


 

平成29年度防災避難訓練

 11月7日(火)7時限目に,全校生徒と教職員,そして地域の住民の方23名を加えた860名で避難訓練を実施しました。
 地震による火災を想定し,各教室で地震への対応を指示した後,マニュアルに沿っての避難・誘導を行いました。
 その後,救助袋を使った避難訓練,水消火器を使った消火訓練を行いました。
地域の住民の方々へは,避難訓練に先立って本校の防災対応について説明し,「一時避難所」であることの確認と,避難場所の確認をさせていただきました。また,水消火器の訓練にも参加していただきました。ありがとうございました。
 ご指導をいただいた神立消防署の方から,避難の際の注意事項だけでなく,Jアラートが鳴った場合の対応についてもお話しいただきました。神立消防署員の皆さん,ありがとうございました。
  
  
  
 

平成29年度芸術鑑賞会

17/10/24  芸術鑑賞(狂言鑑賞)を行いました。
 本校では,年に1回,芸術鑑賞会として,古典芸能鑑賞,音楽鑑賞,演劇鑑賞を順に行っています。
 今年度は10月20日(金)の午後から,三宅狂言会(和泉流)の皆さんをお招きして,本校体育館で狂言鑑賞会を行いました。馴染みのない狂言について,解説や体験コーナーを通して身近なものにしながらの公演となり,生徒達も楽しく鑑賞できました。三宅狂言会の皆さん,ありがとうございました。

感想(2年女子)
 私はこれまで狂言を観たことがなく,狂言と聞くと「難しい」というイメージがありました。しかし,今回狂言の公演をして下さった三宅狂言会の方は,狂言の歴史や舞台のセットについて私たちにわかりやすく解説をして下さいました。おかげで,いろいろ理解した上で楽しんで鑑賞をすることができました。また,間近での鑑賞だったこともあり,声の大きさやお芝居がより迫力がありました。このような身近に伝統芸能を感じられる機会は少ないので,とても貴重な経験となりました。

  
  
  
  


 

平成29年度 若手教員(初任者)研修講座授業参観(国語)

10月12日(木)に若手教員(初任者)研修講座の一貫として,国語科の授業参観が行われました。
 教育研修センターの新堀指導主事及び国語科の新規採用者16名が来校し,本校の2名の教諭の授業を参観,午後からは参加者による研究協議が行われました。研究協議においては,グループ協議が行われ,ブレーンストーミングとKJ法を取り入れた問題解決が行われ,活発な意見交換が行われました。
 本校の職員を含めたくさんの方が参観に訪れたので,担当者だけでなく生徒達も緊張の面持ちでした。良い経験になったようです。
 授業者コメント
  初任者教員研修講座の一環として研究授業をさせていただき,多くのことを学びました。今回「伊勢物語 東下り」という単元を学習するにあたり,生徒との対話を意識した授業作りに努め,生徒の発言や発想から授業を構築することの難しさと効験を改めて感じました。また参観してくださった先生方から,発問や指示の工夫等具体的なご意見を多く頂戴し,さらなる授業改善への糸口を得られました。大変貴重な体験をさせていただきました。
  
  
 

平成29年度薬物乱用防止教室

6月13日(火)7時限目に全生徒を対象に薬物乱用防止教室を行いました。
 警察関係の方をお二人お招きして,薬物全般にわたってのお話をいただきました。薬物乱用を防止するために,(1)薬物乱用の危険性は身近にあり,自分には無関係と思わない。(2)自分自身の心身を大切にして,友人や家族に迷惑をかけないためにも,絶対に断る勇気を持つ。(3)もしもの時には,友人や家族に相談する。以上の3つの事柄を挙げていただきました。生徒達も真剣に耳を傾けていました。生徒達は薬物に対する正しい知識を身につけることができました。講師の先生方,ありがとうございました。


 

平成29年度離任式

  4月14日(金)に転退職した先生方をお迎えし,離任式を行いました。
  前校長の飯沼先生,大和田前教頭(現石岡商業高校校長)をはじめとする7名の先生方がご出席くださいました。先生方の離任の挨拶では,豊富な経験を基にしたアドバイスをいただき,生徒達もとても参考になったようです。ありがとうございました。第二の人生や新天地でのご活躍をお祈り申し上げます。

   
   
   
   
 

対面式・部活動紹介

 4月11日(火)5時間目に,生徒会主催の対面式と部活動紹介を行いました。
 山﨑美樹校長の挨拶の後,生徒会長の挨拶と,新入生代表の挨拶が行われました。
 その後,部活動紹介を行いました。
 新入生のみなさん,早く学校に慣れ,充実した学校生活を送っていきましょう。

  
  



 

第35回入学式

17/04/07  土浦湖北高校第35回入学式が行われました。
       詳細は平成29年度入学式.pdfご覧ください。
 

平成29年度新任式,始業式を行いました。

4月6日に平成29年度の新任式,始業式を行いました。
山﨑美樹新校長をはじめ,8名の新任の先生方が4月より本校に赴任されました。
始業式では学校長より,「苦しい時ほどがんばれる生徒でありましょう」とお話がありました。
生徒のみなさん,1年間がんばりましょう。
 

第32回卒業証書授与式

茨城県立土浦湖北高等学校 第32回卒業証書授与式を行いました。
詳細は第32回卒業証書授与式.pdfをご覧ください。
 

インフルエンザの感染予防

  12月5日(月)現在,第2学年で,インフルエンザによる学級閉鎖を3クラスで行っています。
 今後も感染が広がる恐れがありますので,微熱等の症状が出た場合には,早急に医療機関での受診をお願いします。 
 また,万が一,感染してしまった場合は,医師の指示に従ってください。出校停止期間は,「発熱した日がゼロ日目で5日間,かつ解熱してから2日間を経過するまで」となっております。なお,本校所定の「治癒証明書」の提出により「欠席」ではなく「出校停止」と認定されます。ご了承ください。
 HPで「治癒証明書」のダウンロードもできます。
 厚生労働省HP
 

お知らせ

平成28年度 12月保護者面談案内 
 こちら(pdfファイルが開きます)をご覧ください。
 

平成28年度 防災避難訓練

平成28年度防災避難訓練
今年度は,はじめての試みとしまして,菅谷町区長の久保田さんをはじめとして,地域の方々およそ20名の皆さまにご参加いただきました。当日は肌寒い中,ご参加くださいましてありがとうございました。また,神立消防署署員の皆さまには大変お世話になりました。
3階からの救助袋による降下や煙体験はとても良い体験となりました。
  煙り体験の説明。
本当の火事でなくてよかった!

神立消防署署員の方から講評
 

芸術鑑賞会

平成28年度芸術鑑賞会を行いました。
 本校では,豊かな感性を養うことを目的として,年に1回,一流の演劇・演奏等の鑑賞会を行っています。平成25年度は演劇,平成26年度は古典芸能(落語),平成27年度はピアノ演奏を鑑賞しました。
 今年度は,「東京演劇集団 風」の皆さんをお招きし,「ヘレンケラー~ひびきあうものたち」を鑑賞しました。
 生徒たちの多くは本格的な演劇を見るのは初めてのようで,あっという間の時間だったようです。
「東京演劇集団 風」の皆さん,ありがとうございました。



 

校内人権教育研修


平成28年度校内人権教育研修を行いました。

茨城県教育研修センターより, 木村貴子指導主事を講師としてお招きし, 職員研修を行いました。
研修では, 特に人権に関する知的理解, 人権感覚の2つを日々身につけていくことによって, 人権教育に関わる教職員の資質・能力を高めることができることを学びました。
 木村先生, ありがとうございました。


 

お知らせ

平成28年度後期始業式を行いました。
 衣替えにより,全員がブレザー,ネクタ・イリボンを着用し,式に参加しました。
 生徒たちは,学校長の話に熱心に耳を傾けていました。
 
 

平成28年度の「道徳」公開授業について

平成28年度「道徳」の公開授業について
 11月11日(金)6限目に,「道徳」の公開授業を第1・2学年で行います。
 案内を配布しましたので,ご覧ください。なお,PDFファイルでもご覧になれます。
 
平成28年度道徳公開授業案内 (別ウィンドウで開きます)
 

行事予定

平成28年度年間行事予定(後期)を更新しました。
  変更点は,12月の保護者面談の日程です。

   「H28年間行事予定0927」(pdfファイルです。別ウインドウで開きます。)

 

平成28年度クラスマッチを行いました


 男子は,サッカー,バレーボール,卓球,テニス,女子はバレーボール,ドッジボール,卓球,テニスを行いました。また,クラス対抗リレーや大縄跳びで生徒たちは大いに盛り上がりました。
1.開会式と準備体操         
                             
                    

2.各競技                      
 





                                    3年5組は43回!
                            3.得点表


4.表彰式

第3学年優勝 1組  第2学年優勝 2組  第3学年 1組 おめでとー!
各学年の優勝クラスには,賞品としてパンが配られました。やったー!
 

平成28年度薬物乱用防止教室

◆ 薬物乱用防止講話を本校体育館で行いました。

 6月17日(金)6時間目に茨城県警察青少年課の方を講師としてお迎えし,全学年で薬物乱用防止の講演会を行いました。
 「薬物乱用の危険性は身近にある。自分は関係ないと思わない。」「たった一度でも違法薬物を使用したら,薬物乱用。」などプロジェクターを使った講演とDVDの視聴により,薬物使用の恐ろしさを教えていただきました。                 ありがとうございました。
yakubutu1  yakubutu2

 

平成28年度交通安全教室

 交通安全教室を本校体育館で行いました。
今年度はプロのスタントマンによる実演により,自転車事故の原因や事故防止について教えていただきました。「ルールを守れば,ルールがあなたを守ってくれる。自転車は車両の仲間。自転車は被害者にも加害者にもなる。」の標語のもと実演してくださったシャドースタントプロダクションの皆さん,ありがとうございました。


 
 

平成28年度PTA総会

 PTA総会を行いました。

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立土浦湖北高等学校