一人一人が輝く活力ある学校づくり推進事業


平成27年度一人一人が輝く活力ある学校づくり推進事業

・本事業として,土浦湖北高校の教育目標を達成させるために,学校が独自に創意・工夫ある以下のような事業を実施しています。

事業名称     「活力ある進学校づくり推進事業」
事業内容     1.夏期学習合宿(1,2学年進学クラス対象)
           2.外部講師による出前講座(3学年対象)
事業目標     1.国公立大学合格者の増加を図る。
           2.四年制大学進学者の割合を高める。
           3.成績上位層を育成し,校外模試試験での成績向上を図る。


実施報告

1.夏期学習合宿
            (1学年81名 7/27-29 (株)新日鐵住金鹿島人材育成センター)
       (2学年65名 7/29-31             同 上                 )
・特別進学クラスを中心に1・2学年計146名の生徒が参加し,それぞれ2泊3日の日程で合宿を行いました。講義と演習,自学自習とをバランス良く配置して1日10時間を越える濃密な学習体験を与えることで,自立した学習習慣への切り替えを進めることができました。参加した生徒の満足度も高く,アンケートでは1年生の82.7%が「来年も参加したい」と回答しています。

                                  開校式                                                                                 講義の様子
 


2.外部講師による出前講座
◎「夏期集中講座(英語・数学・国語)」(3学年対象 7/29-31)
・受験指導に精通した「予備校講師」の講義を実施しました。英語79名,数学76名,国語51名の生徒が受講しましたが,外部講師による講義は大きな刺激になり,学習意欲と学力の向上に効果的な事業になりました。受講した生徒の評価は高く,その後実施された夏期課外授業に対する取り組みもより積極的なものになりました。


◎外部講師による出前講座「進路対策講演会」(3学年対象 9/4)
・夏休みが終了し,3年生の進路実現に向けてのモチベーションを更に上げるため,慶応大学卒業で元吉本芸人の内藤紗弥花VITA先生による進路講演会「今からスパート!一番行きたい進路への道」を実施しました。独特の話し方やパフォーマンスから繰り出されるお話は,聞いている者全員が引き込まれていき,大変充実した講演会になりました。
   


 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立土浦湖北高等学校